スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

威犀

投稿者:べる

威犀(ウェイシー)

全高:18.8m
重量:57.5t

軍事用人型兵器開発に乗り遅れていた中国が国家の威信をかけて製作した重機動マシン。
約18mの中型フレームにグラニM級のLサイズジェネレーターを搭載し、
保有する格闘マシン技術を惜しみなく投入するなど『対操兵用マシン』として特化した性能を持つ。
そのパワーはヴァーチャーと比較しておよそ1.3倍にもなり、専用ハンマーから繰り出される攻撃は、
直撃すれば羅甲クラスの装甲を一撃で吹き飛ばせる威力を誇る。
また、バックパックの折りたたみ式ウィングを展開することで、不完全ながら短時間の大気圏内飛行も可能。

だが、複雑な構造が祟り製造・運用コストは高騰。無理のある設計から廃熱などにも問題を抱え、
稼動時間やステルス性が現行機から大幅に劣る等、カタログスペックを追い求めすぎて運用性を見落とした、
兵器としてあまりにも『融通のきかない代物』となってしまったため本格的な量産へは至らなかった。
非戦闘時の作業機械としても汎用性に乏しいので、
運用評価はこれまた評価の芳しくないグラニM等と比べても輪をかけて悪かったとされる。

それでも同世代の機体である6型7型と比べて格闘能力では頭一つ秀でる出来なのと、
中国政府の面子に関わる問題から、国内においては多少の改良を施した機体が
エース用機種として少数配備されている。良くも悪くも『殴り合いしかできないマシン』
後に新機兵計画から流入した技術で弱点を解消した完全型が試作される予定もあるとかないとか。

武装
・高周波ナイフ
・アサルトライフル

6型等が使用する物と同一の国際的標準装備。

・ハンドグレネード

腰の兵装懸架ベルトに装着されているポテトマッシャー型の手投げ弾。
ベルトはグレネード以外にも予備の武器や弾倉の装着も可能である。

・対機人用戦槌(ハンマーメイス)

専用の片手持ちハンマー。強度と柔軟性を兼ね備えており、
機体の持つパワーを効率良く、かつ一点に集中して伝えることで対象を破砕する。

IMG_003878.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

投稿設定補完庫

Author:投稿設定補完庫
管理者の辰丸です
誤字脱字、連絡事項等はチャットないしはトップページのコメントへお願いします

カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。