スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼鳴

投稿者:蟹戦艦

鬼鳴(きめい)
ヴァネッサの専用機。
アムステラ製の機体ではなくヴァネッサ自身が寝返る際に強奪した地球製の新型機。
その後改修(マテリアルオーブと武装の追加、長時間の空中戦に対応する為に重力制御装置を装備、それに伴うフレームの強化)が加えられ、一線級の性能を持った機体となる。
他の機体と違う点としてヴァネッサの恋人の脳を生体CPUとして使用している事である。
それにより通常の機体より高い反応速度と機体制御能力を持つ。
しかしそれは恋人の脳に負担をかけ脳細胞も破壊する、つまり恋人の命を削るに等しい行為でもある。(ヴァネッサ本人はこの事実を知らされていない。)
機体色は血の様に赤黒い色。本来は赤色の機体だったが出撃し帰還する度に赤黒くなり、いつしか初めから赤黒く塗られるようになったと言う。
汎用性の高いオールラウンド機だがパイロットの操縦はかなりトリッキー。

武装
・特型斬撃刀×4……シンプルな形をした実剣とビーム剣の一体化した斬撃刀。構造上非常に強固であり投擲武器としても使われる事もある。
・複合型突撃銃×2……マシンガン2門とビーム砲1門を1つの銃に纏めた複合銃。
・背部レールガン×2……中距離用のレールガン。
・電子パルスガン「屠鳴」×1……特殊電子兵器。妨害電波(ECM)をパルスにして撃ち出し、一定時間対象の動きを止める。止める事が出来る時間は非常に短い。

ヴァネッサ=カーストン(25)
アムステラ軍に所属する「元地球人」の女性。
元々は軍の兵器開発部門の研究員だったがテストパイロットである恋人の死を目の当たりにし、精神が崩壊。
なんとか回収された恋人の死体の頭部と修復された試作機を強奪しアムステラに寝返り、試作機を改造し鬼鳴を作り出す。
彼女が寝返った理由は「恋人を生き返らせる」事。
だが彼女を引き抜く為にその恋人を殺した張本人がアムステラの関係者である事には気付かない。
普段は笑顔の絶えないお姉さんといった印象だが(これが以前の姿)、本性は完全に壊れた人間。
人を殺す事には容赦なく、自分に有益でないか敵対する者には決して容赦しない。
それ以外の人間には好意的に接する。が、大抵は目が笑っていない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

投稿設定補完庫

Author:投稿設定補完庫
管理者の辰丸です
誤字脱字、連絡事項等はチャットないしはトップページのコメントへお願いします

カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。